ケータイ辞書JLogosロゴ 嚮原里(古代)


愛知県>一宮市

奈良期に見える里名尾張国中島郡のうち「和名抄」には見えない天平14年12月5日の優婆塞貢進文に「□(物カ)部人足〈……尾張国中島郡嚮原里戸主物部東人戸口〉」とある(正倉院文書8/大日古)中世,弘安5年7月日の尾張国千代氏荘坪付注進状案に中島郡尾塞郷のうち「饗原里」が見えることから(醍醐寺文書/一宮市史資料編6),嚮原里が廃滅して尾塞郷に吸収されたと考えられ,現在の一宮市大和町を冠称する地区の南部に比定される(一宮市史本文編上)
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7353971
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ