ケータイ辞書JLogosロゴ アカソブ(中世)


愛知県>岡崎市

 南北朝期に見える地名。三河国碧海郡碧海荘のうち。貞治3年9月2日の三河念仏相承日記に正嘉2年に顕智から念仏を相承した信願房(袈裟太郎)が「アツ(ヲ)ウミノ庄アカソブ」に道場を建て,その後国中の真宗が栄えるようになったと見える(上宮寺文書/岡崎市史6)。アカソブ(赤渋)道場はのちに真宗三河3か寺の1つ勝鬘寺となり,矢作川の水害を避けて,明応5年に現在地の針崎に移転したと伝える。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354009
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ