ケータイ辞書JLogosロゴ 赤渋村(近世)


愛知県>岡崎市

 江戸期〜明治22年の村名。碧海郡のうち。和田12郷の1つ。岡崎藩領。村高は,「寛永高附」330石余,寛文4年「岡崎郷領内在々之名」422石余,「元禄郷帳」322石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに436石余(うち松林寺領5石余)。文政12年の免状では,田176石余・畑247石余・新田畑7石余(斎藤家文書),「岡崎藩万書上」では,寛政元年の人数349,馬1。「三州岡崎管内記」によれば,堤通手永に属し,享和年間の収納定俵565俵余,上納竹小竹10束。安政2年の正米納高281俵,上納麦10俵,夫食麦拝借返納麦10俵(長島家大庄屋日記)。嘉永3年の大洪水による年貢米未納102俵,夫食米36俵・同麦65俵,種籾23俵,救引436俵余,極難百姓24軒,また州山と称する不毛地5,6か所があった。東海道岡崎宿の助郷で,勤高317石。万延元年の御用達名前記には,藩御用達商人地廻帯刀として小林喜兵衛・小林与七が見える。地内の矢作川河畔に赤渋土場があり,対岸の東牧内村とは渡し船の便があった。寺社は,浄土宗松林寺・薬師堂・御鍬社など。明治6年赤渋学校創立。同15年の戸数75・人口361,耕宅地56町余・山林原野3反余(岡崎市史)。同22年糟海【かすみ】村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354010
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ