ケータイ辞書JLogosロゴ 赤田和村(近世)


愛知県>額田町

江戸期〜明治9年の村名三河国額田【ぬかた】郡のうち赤田輪,赤田場とも記す(三河堤・寛永高附)地元では「あかんたわ」「あかんた」とも呼ぶ乙川支流赤田和川流域地名は,「たわ」は峠の下の集落名として用いられ,奥深い山中の田畑をさすことに関係するか(額田町史)中世は比志賀郷のうちはじめ幕府領,寛永9年刈谷藩領,慶安2年幕府領,同4年からは旗本石川氏知行(保久陣屋)村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに97石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに106石余寛永13年に新田5石余,新畑3石余が検地され,実高106石余になる天保年間の免率6割2分(村々石盛免覚),小物成は柿渋4升代銭100文,蕨代235文,御林2(御領分明細高附)文政3年の家数19・人数73(御改帳)明治7年の戸数23・人口89(額田郡誌)寺社は,同年に廃寺となり,同11年仏道説教場となった浄土宗全長寺,明治期の記録に「社地中頗ル老樹アリ」と記される秋葉神社があるほかに,寛延3年建立の南朝武将赤松則村の碑,江戸末期と思われる疱瘡守護神と刻まれた石碑などがある明治8年の反別は田6町余・畑1町余・山林16町余など,旧地租金343円同9年小久田村の一部となる現在の額田町小久田赤田和の地
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354013
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ