ケータイ辞書JLogosロゴ 赤羽村(近世)


愛知県>一色町

 江戸期〜明治22年の村名。幡豆郡のうち。近世初期に味浜村,正保3年に養ケ島村を分村。また,安永年間までは中外沢村の一部も当村域だった。西尾藩領。村高は,「寛永高附」292石余,「元禄郷帳」304石余,「天保郷帳」746石余,「旧高旧領」415石余。安永5年の西尾藩郷村雑書では村高299石余,高のうち50石諸役免除「串蜊世話并水揚に付」とある。嘉永4年〜明治2年の納米表では村高409石,19年間のうち12年間の納米は年に160石弱で,免39%。村高の27%が新田であった。文政6年の家数150・人数654。味浜村・平島村とともに3か村で串蜊を多量につくり,藩を通じて幕府に献上した。その貝殻が現在も堤防沿いに味浜まで続いて残っている。若一神社があり,境内には当地出身の高須新助が将軍の前で怪力を見せた時の力石5個があり,重さはそれぞれが140〜320kgある。元禄14年幕臣本目親宣が蓮如開基の古い本願寺道場跡に真宗大谷派親宣寺を開山。浄土宗瑞雲寺は慶長初年の開山で,朱印地1石7斗余。清秀寺は明治初年に村内の松覚庵(寺領4斗)を合併。明治5年赤羽郷学校創立,翌6年育生学校,同9年赤羽学校と改名。同22年栄生村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354028
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ