ケータイ辞書JLogosロゴ 赤松村(近世)


愛知県>安城市

 江戸期〜明治22年の村名。碧海郡のうち。はじめ旗本松平甚三郎知行,寛永15年幕府領,慶安4年再び旗本松平甚三郎知行,宝暦2年幕府領,明和5年大浜藩領,安永6年同藩主の移封により駿河沼津藩領となり,明治2年さらに転封して上総菊間藩領となる。村高は,慶長9年検地帳,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに265石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに377石余。慶長9年検地帳によれば,田20町余・畑3町余,55人の名請人のうち屋敷持ちは22人で半数に満たない。天保3年までの新田畑検地で,田2町余・畑12町余,合計111石9斗余の新田畑を登録している。都筑弥厚の用水計画については,領主水野忠友が幕府老中職にあったことから,天保4年他村に先駆けて開発を承諾したが,そのため他村から恨まれた。天保12年から嘉永3年まで二川宿の助郷役を負担し,文久3年からは池鯉鮒【ちりゆう】宿の助郷役を課せられた。安政6年には半場川沿いの水車設置をめぐって川下の和泉村と争った。天保14年頃には鍛冶屋が営業しており,慶応年間には鶴田信斎が医業を開業。寛政3年の家数96・人数370。明治用水通水後の開墾による水田の増加は著しく,明治9年には田50町余にすぎなかったが,同20年には約3倍の148町余となった。同22年市制町村制施行による赤松村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354042
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ