ケータイ辞書JLogosロゴ 朝宮村(近世)


愛知県>一宮市

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国中島郡のうち。寛文11年の六昇大明神の棟札に当村庄屋加藤助右衛門と阿古江島村庄屋鵜飼弥五左衛門の名がある。この阿古江島村は「寛文覚書」などの史料には見えず,江戸初期に当村の一部となったと思われる。尾張藩領。北方代官所支配。村諸事覚書によれば,慶長13年伊奈備前守らによる検地帳写として,上田6反余(分米4石余)・下田1町余(分米7石余)・上畑5町余(分米35石余)・中畑3町余(分米15石余)・下畑2町余(分米7石余)・屋敷地1町余(分米8石余),分米計79石余(一宮市史資料編9)。村高は,「寛文郷帳」浅宮村として153石余,「天保郷帳」でも153石余,「旧高旧領」280石余。「寛文覚書」によれば,本田の概高239石余うち田2町余・畑14町余,ほかに新田の概高5石余,承応2年の新田高5石余,給人松井氏の起こした田畑5反余,植山6町余,家数53・人数297,馬27。村諸事覚書によれば,給人は寛永10年頃平岩氏の一円給知,正保年間松井氏給知,のち同氏の死去により慶安年間一部上り地,一部松井氏の分家が給知,しかし上り地はその後小麦氏・酒井氏の給知となった(同前)。天保12年の村絵図では,214石余は鈴木千七郎ら5人の給知,新田35石余は蔵入地となっている。神社は,六昇大明神・神明社。寺院は,浄土宗建光寺・真宗大谷派願林寺。特産物に木綿・藍など,明治初年には藍玉製造業者14(一宮市史本文編下)。同5年の一宮村三八市には当村から8軒の青物商が店を出し,市の青物商の3分の1を占めた(一宮市萩原町史)。同16年いわゆる朝宮事件が起きた。自由民権運動のひろがりは愛知県にも及び,明治12年愛知県交親社が結成されたが,すぐ分裂し自由社と愛国交親社になった。事件の発端は自由党員による愛国交親社批判の演説が行われ,それに対して交親社が当村において自由党員を襲撃したというものである。交親社は翌17年に解散させられている(一宮市史本文編下)。同22年萩原村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354118
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ