ケータイ辞書JLogosロゴ 足山田村(近世)


愛知県>一宮町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国宝飯【ほい】郡のうち。慶長8年幕府領,天和元年志摩鳥羽藩領,享保11年再び幕府領,同17年旗本巨勢氏知行,寛延2年からは旗本巨勢氏と西大平藩の相給(一宮町誌)。村高は,慶長9年検地帳,「寛永高附」ともに418石余,「元禄郷帳」452石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに475石余。東海道御油宿の助郷村(文久3年)。享保11年の村差出帳によると,田畑面積41町余,うち田32町余・畑8町余,家数71(本百姓56・水呑13・庵1・寺1),人数316,馬25・牛2,農間余業として本宮山で薪を採取し里の村々に売り生計の足しにしていた。人々は江戸初期から元禄年間にかけて新田畑開発を積極的に行い,寛永18年9反余,寛文5年1町余,延宝3年1町余,貞享4年6反余,元禄2年2町余,元禄16年1町余の新田畑を検出。このため江戸初期から元禄年間にかけて本宮山・さい原・黒谷山の帰属をめぐり隣村長山村・大木村との間にたびたび山論・野論が起きた。元和元年本宮山地付村である長山村と本宮山論により本宮山への入会権が認められ,山手役を納入せずに本宮山を利用することができた。明和元年〜2年には一宮村・西原村とともに長山村との間に本宮山入会地の利用形態をめぐり争論が起きた。氏神の羽鳥大明神,禅宗本性寺がある。明治14年大木学校足山田分校創建。同16年本宮山入会地に対する税金納入方法をめぐり一宮村・西原村とともに長山村と争った。同22年桑富村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354152
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ