ケータイ辞書JLogosロゴ 足助(近代)


愛知県>足助町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ足助村,明治23年からは足助町の大字。明治30年伊勢神トンネルの竣工により,飯田街道は運送馬車の通行が可能となったが,同44年の国鉄中央線の全線開通によって物資の中継基地としての性格は薄れ,以後東加茂郡の政治・経済・文教の中心地となった。明治33年と同43年に製糸工場が設置され,大正9年の従業員数112名。大正期からは製材所も設置された。大正13年現在の香嵐渓に町民が楓を植樹,昭和5年に香嵐渓と命名して,戦後観光の拠点となる。同55年三州足助屋敷ができ,通年型の観光地となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354165
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ