ケータイ辞書JLogosロゴ 雨山(古代)


愛知県>額田町

 平安期に見える地名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。藤原為忠が天治2年から天承元年の間,自家で主催した歌合である「三河守為忠名所歌合」(三河国名所歌合)に「雨山に来つつ鳴けばや郭公声のいろさへぬれわたるらむ」「五月闇晴るる間もなき雨山にいかに蛍の消えせざるらむ」の2首がある(歌合大成)。また,平安末期の歌謡集「梁塵秘抄」に「山の様かるは,雨山守山しぶく山,鳴らねど鈴鹿山,播磨の明石の此方なる,潮垂山こそ様かる山なれ」と見える。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354222
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ