ケータイ辞書JLogosロゴ 綾渡村(近世)


愛知県>足助町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国加茂郡のうち。寛永12年には幕府領と見え,宝永2年からは吉田藩領。村高は,「寛永高附」43石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに133石余。神明社があり,同一境内に曹洞宗平勝寺がある。寺伝によると,聖徳太子開闢の霊場で檀特山大悲密院と称したが,後醍醐天皇の第3皇子平勝親王が戦勝祈願し,天皇帰洛の後に平勝寺の勅額を賜り寺号を変えたとある。二十数名の人名と元治元年の胎内銘のある平安末期寄木造の木造観音菩薩座像(国重文),同時代作の木造二天立像,藤原行尹筆元徳2年の平勝寺扁額(県文化財)がある。村内には,おくんど(奥堂),とうばがね(塔婆嶺),きょうがね(経が嶺),よみでら(読み寺),だいもん(大門),こうろんべ(口論部),かねいば(鐘鋳場)など寺関係の地名が残り,大門には礎石と伝える石も保存されている。8月10日と15日には夜念仏と盆踊りが行われている。幕末期平勝寺への3つの参詣道には,三十三観音の石仏が丁仏として建立された。明治11年東加茂郡に所属。同22年金沢村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354226
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ