ケータイ辞書JLogosロゴ 新井方村(近世)


愛知県>蒲郡市

 江戸期〜明治22年の村名。三河国宝飯【ほい】郡のうち。「元禄郷帳」「天保郷帳」では新居方村と見える。新井方村の文字の使用が一般化するのは,文化・文政年間以後のことという。慶長6年旗本松平家信(形原松平氏)知行,元和4年同氏が大名となり形原藩領,同5年旗本松平庄右衛門清直知行(形原陣屋),延宝元年幕府領,元禄10年旗本沼間清行知行,同14年幕府領,享保3年からは旗本桑島政周知行(竹谷陣屋)。村高は,慶長6年に38石余,寛永4年検地帳57石余,「寛永高附」38石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに66石余。寛永4年検地帳では,名請人37人,居屋敷持4人,田1町余・畑居屋敷4町余。寛永21年より寛文3年までに4回の新切検地があり,9反余・8石余が高入された(新切検地帳)。水竹村内の字横枕に飛地があった。また逆に字荒井には蒲形村字荒井の住民の飛地があり,村文書では蒲形村分を西新井あるいは西新井方と称し,これと区別して当村を東新井・東新井方と呼ぶこともあった。戸口は,享保8年に5軒・32人,嘉永3年に8軒。文政4年の最大の土地所有者は1町1反余を所有する蒲形村の住民であった。明治2年の家数7・人数38,牛馬なし,赤坂宿助郷を勤め,農間稼として男は縄をない,女は木綿を織る(村鑑帳)。同9年の地租改正で水竹村・蒲郡村・平田村との間で土地交換があり,字名が整理統合されて12字が5字となった(地引帳)。この際に村名を新井形村と公式に決定して文字の統一を図った(戸長役場記録)。同15年の職業別世帯数は農業9・古金商1・紙屑商1(同前)。同22年蒲郡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354242
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ