ケータイ辞書JLogosロゴ 安藤村(近世)


愛知県>岡崎市

 江戸期〜明治22年の村名。三河国碧海郡のうち。岡崎藩領。三ツ木村の枝郷で,当村名は「元禄郷帳」「天保郷帳」に見えず,三ツ木村のうちに含まれている。三ツ木5か村の1つ。村高は,寛文4年「岡崎郷領内在々之名」93石余,「旧高旧領」同高。「岡崎藩万書上」では,寛政元年の人数138,馬1。「三州岡崎管内記」によれば,堤通手永に属し,享和年間の収納定俵61俵余,上納竹小竹2束。嘉永3年の大洪水による年貢米未納3俵,夫食米7俵・同麦16俵,種籾20俵,救引43俵余,極難百姓7軒。安政2年の正米納32俵(長島家大庄屋日記)。万延元年の御用達名前記には,藩御用達商人30人組寄合格として杉浦善八,地廻帯刀として市川勝右衛門・杉浦林七が見える。寺社は,浄土宗の庵寺,鍬神社など。明治元年東海道岡崎宿の助郷となり,同2年の岡崎伝馬所騒動に参加。明治初年杉浦定吉が野川を改修し,灌漑設備を整えた(六ツ美村誌)。明治15年の三島切れ水害ののち,野川の改修工事を実施し,安藤川と改称。同年の戸数29・人口164,耕宅地8町余・山林原野2反余(岡崎市史)。同22年中島村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354305
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ