ケータイ辞書JLogosロゴ 伊賀村(近世)


愛知県>岡崎市

 江戸期〜明治22年の村名。額田郡のうち。はじめ岡崎藩と伊賀八幡宮の相給,明治2年からは岡崎藩領。村高は,「寛永高附」527石余,「元禄郷帳」440石余,「天保郷帳」558石余,「旧高旧領」530石余。「岡崎藩万書上」では,寛政元年の岡崎藩領309石余,人数188,馬1。「三州岡崎管内記」によれば,額田手永に属し,収納定俵333俵余。伊賀八幡宮は慶長7年徳川家康から村内で228石余の朱印地を安堵された。寺院は,浄土真宗本願寺派明願寺・浄土宗昌光律寺。明治7年八幡学校(のちの広幡尋常小学校)創立。同15年の戸数162・人口575,耕宅地67町余・山林9町余(岡崎市史)。同22年広幡村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354320
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ