ケータイ辞書JLogosロゴ 伊賀谷村(近世)


愛知県>額田町

江戸期〜明治11年の村名三河国額田【ぬかた】郡のうち「三河国二葉松」「寛永高附」には井ケ谷とあり,正保元年の検地では飯谷,「東山中明細記」には伊ケ谷とあるが,江戸中期より主として伊賀谷が用いられた矢作【やはぎ】川支流青木川の最上流域「三河国二葉松」には「井ケ谷庄屋敷柴田七九郎重政香村半七」とあり今なお柴田家関係の五輪塔が祀られるはじめ岡崎藩領,宝暦12年幕府領,明和7年からは岡崎藩領岡崎藩では東山中手永に属す山間地だが起伏は小さく,谷合い深くまで田が開かれ,慶安2年検地帳では田107石余・畑20石余村高は,「寛永高附」179石余,「元禄郷帳」113石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに128石余小物成は山年貢1石余,竹7束文化14年の家数32・人数171(東山中明細記)明治7年の家数31・人口111(額田郡誌)神明宮(現神明社),社口社,地蔵堂があり,地蔵堂は真宗大谷派の説教場ともなる明治11年中伊村の一部となる現在の額田町中伊の通称中伊西と呼ばれる地
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354331
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ