ケータイ辞書JLogosロゴ 伊川津村(近世)


愛知県>渥美町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国渥美郡のうち。はじめ幕府領,元和元年旗本間宮氏知行,元和5年旗本戸田氏知行,元禄元年からは戸田氏が大名となり大垣新田藩領。村高は,「寛永高附」521石余,「元禄郷帳」642石余,「天保郷帳」840石余,「旧高旧領」953石余。家数・人数は,天和2年87・385,明治元年115・589。天和2年の馬40・牛18。伊川津湊からは,年貢米・松葉・柴木などが積み出された。農間余業として,わら製品作り,貝類・磯草の採取,女の木綿機職などがあったという。明治元年の地引網1,男297のうち他所稼奉公出39,江戸屋敷夫役と官軍軍役夫16。寛永元年創建の神明社は,伊川津貝塚のうちにある。般若寺は,元禄8年真言宗から曹洞宗に改宗。曹洞宗海蔵寺は,一説に文徳天皇の皇子が当地に居住した平安前期の創建と伝え,空海作といわれる地蔵菩薩立像がある。明治9年の家数123,田47町余・畑67町余。同22年泉村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354332
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ