ケータイ辞書JLogosロゴ 伊川津(近代)


愛知県>渥美町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ泉村,昭和30年からは渥美町の大字。泉村役場の所在地。明治中期から養蚕業,大正期から海苔養殖と養鰻・養魚業が盛んになった。昭和30年の淡水池20町・海水池15町。昭和12年東京帝国大学水産実験所設置。明治末期に水田の,昭和4年から畑地の耕地整理を実施。大正6年電灯が敷かれ,翌7年バスが開通。昭和9年の世帯数146・人口809。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354333
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ