ケータイ辞書JLogosロゴ 生田(近代)


愛知県>一色町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ衣崎村,明治39年一色村,大正12年からは一色町の大字。明治28年完成の竹生新田は豊橋町魚町の竹村忠四郎ほか4名が開発し,竹村と生田の各一字をとって名付けられた。はじめ塩田であったが同34年三河養魚会社が設立され,会社名義となった。真野新田を含む南の海はノリとアサリの養殖場で,衣崎漁港生田地区を衣崎漁協が管理する。千生新田は農業地域であるが,地内のほとんどはウナギ養殖池。生田講堂は,昭和12年に長野県にあった憶念寺の払下げを受けて現在地に移転し,浄土真宗本願寺派憶念寺となった。同28年台風13号による高潮で,生田の全471戸は流失・全半壊し,死亡者数10。同34年伊勢湾台風では全半壊250戸・床上浸水11戸。同47年生田保育園開園。同56年西の鳥山新田に生田橋が架設された。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354343
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ