ケータイ辞書JLogosロゴ 石原村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。天和元年宮崎村から分村して成立。ただし,「元禄郷帳」では当村名が見えず,宮崎村のうちに含まれている。「天保郷帳」では「古は宮崎村之内」と注記されている。天和元年志摩鳥羽藩領,享保10年幕府領,天明5年からは幕府と岡崎藩の相給。岡崎藩では東山中手永に属す。村高は,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに265石余。宝永7年・宝暦6年村指出帳によれば,田4町余・畑19町余,鉄炮役400文,造高40石の酒屋1,井堰4,農間稼ぎは男が薪売り・日雇取り・駄賃稼ぎ,女は薪採り・自家用布織物,御林4・百姓林36,秣苅り・薪採り・炭焼きは百姓居林にて行う。元禄元年の家数138・人数619,馬78・牛4。宝永7年の家数115・人数754,馬35・牛2。宝暦6年の家数116(大工1・木挽2・紺屋2),馬10・牛6。明治9年の戸数101・人数394,馬2・牛49。寺社は,臨済宗瑞雲寺・聞桂寺(現在亀穴に移転),石座大明神・稲荷大明神・山王宮・若宮・天満宮・社宮神・山神・阿弥陀堂・観音堂・不動堂・十王堂がある。元禄6年に六郎治が茶を諸国へ売り始め,安政4年の売上げは茶3両・炭5両・白木3両とある(石原区有文書)。また凶作,飢饉,猪鹿猿害が多く,救済願いをしばしば出した。欠落,絶家も続出し,村惣作面積が増加。助郷は定まっておらず,藤川宿や赤坂宿へ代助郷となって勤めた。幕末から明治期にかけて茶の栽培が盛んになる。明治6年字市場に仮教場ができ,同10年石原学校(石座学校)を設けた。同22年宮崎村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354431
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ