ケータイ辞書JLogosロゴ 石原(近代)


愛知県>額田町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ宮崎村,昭和31年からは額田町の大字。世帯数・人口は,昭和5年146・649,同35年127・589。山林経営に力を入れ,美林がみられる。明治37年の茶園6町余。大正6年頃には水力による製茶工場が操業。大正期前後養蚕が盛んになる。明治33年石原と明見の学校が合併して宮崎尋常高等小学校となり,現在地に新築移転。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354432
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ