ケータイ辞書JLogosロゴ 石仏村(近世)


愛知県>岩倉市

 江戸期〜明治22年の村名。丹羽郡のうち。尾張藩領。小牧代官所支配。村高は,「寛文郷帳」433石余,「天保郷帳」446石余,「旧高旧領」411石余。「寛文覚書」によれば,本田は概高388石余・反別39町余(田5町余・畑34町余),ほかに見取新田1町余があり,家数62・人数356,馬25,枝郷に長安がある。北東の加納馬場村・井上村との境に定井が設けられ,この修復には当村ほか野寄・大地・岩倉・町屋の5か村があたった。当村は木津井筋浚え人足を出し,大通行の時は善師野宿へ人馬を出した。道のりは善師野へ3里。「徇行記」によれば,家数94・人数312,馬2,荒川孫四郎をはじめ11名の給知で,畑方の村のため麦成が多く賦課され,定金が高値の時は苦労したとある。曹洞宗稲原寺はもと稲原庵と称し,「尾張志」や「徇行記」は明応6年の創建とする。神社は八剱宮・天王社。明治6年稲原寺に先進学校開校。同9年校舎を長福寺跡へ移し,幼川学校と改称。同17年神野村・佐野村・加納馬場村・芝原村と5か村連合の組合役場を当村に設置。同22年幼村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354435
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ