ケータイ辞書JLogosロゴ 泉田村(近世)


愛知県>刈谷市

 江戸期〜明治11年の村名。碧海郡のうち。刈谷藩領。今川村ははじめ当村の出郷であったが,享保16年当村から分村した。村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに1,529石余,「天保郷帳」2,086石余,「旧高旧領」1,492石余。文政11年蓮池を田に開発,8反余を3つ割して,3分の2を泉田地,3分の1を今川村の地とした。洪積台地は水利の便が悪く,天保3年には溜池10,坪井222を見る(村明細帳)。水稲耕作は進まず,開拓が進んだのは大正期に金山揚水が完成してからである。天保3年の反別は90町余で,田は畑の3倍余。小物成に茶運上・山下草年貢がある。助郷は池鯉鮒【ちりゆう】宿に出役。天保3年の家数318・人数1,264。折戸の土場があり,逢妻川物資輸送の拠点となった。商荷物運上定には米・麦・大豆・小豆・酒・粕・粉糖・灰・材木・竹割・木薪・才木・明樽などの品目があがっている。天保3年の村明細帳に川船1艘25石入とある。綿作も行われ,嘉永7年には綿木綿出商人2人が見える。一里山は泉田村の出郷で,東海道の一里塚のあるところからこの名がある。氏神に八王子神社があり,寺院に真宗順慶寺・浄信寺・西念寺がある。一里山の臨済宗密蔵院は三河三弘法の1つで,流涕大師を祀り,毎月の命日には多くの参詣人でにぎわう。明治11年逢見村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354459
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ