ケータイ辞書JLogosロゴ 板倉村(近世)


愛知県>尾西市

 江戸期〜明治22年の村名。中島郡のうち。板倉新田とも称した。尾張藩領。鵜多須代官所支配。村高は,「寛文郷帳」125石余,「天保郷帳」126石余,「旧高旧領」351石余。「寛文覚書」によれば,本田の概高196石余,田1町余・畑15町余,ほかに概高110石余の新田,概高17石余の古川新田,慶安元年縄入の新田8石余,寛文9年縄入の新田15石余がある。天保12年の村絵図によれば,給知は324石余で石川弥兵衛ら給人8人,ほかは蔵入地。家数118・人数500,馬2。農間余業に織物が盛んであった。神社は神明宮・八剣宮・天神社(3社はのち合祀され御裳神社となる)。寺院は真宗大谷派蓮光寺。明治6年板倉義校設立。同8年の戸数132・人口592。織物生産高は結城縞500反余・縞木綿50反余・その他50反余。同22年三条村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354480
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ