ケータイ辞書JLogosロゴ 一宮村(近世)


愛知県>一宮町

 江戸期〜明治22年の村名。宝飯郡のうち。慶長8年幕府領,寛永9年吉田藩領,寛文3年吉田藩主の分家である旗本小笠原丹後守長定知行(長山陣屋,3,000石),元禄9年からは吉田藩領(一宮町誌)。村高は,慶長9年検地帳286石余,「寛永高附」392石余,「元禄郷帳」463石余,「天保郷帳」578石余,「旧高旧領」579石余。東海道御油宿の助郷村(享保10年)。宝永3年の村差出帳によると,田畑面積45町余,うち田16町余・畑18町余,家数91(本百姓74・水呑17),人数550(大工26・出家3),馬21。主な畑作物は大豆・稗であったが,粟・小豆・木綿なども作られていた。江戸初期から元禄年間にかけて新田畑開発を積極的に行い,寛永12年9町余,明暦元年31石余,元禄3年3町余,元禄12年27石余の新田畑が検出されている。このため,江戸初期から元禄年間にかけて,本宮山・小南口原・本野が原の帰属をめぐり長山村・麻生田村・中島村などの村々との間にたびたび山論・野論が起きた。元和6年の本宮山地付村である長山村との本宮山論により本宮山への入会権を再確認され,以後山手役を納入せずに本宮山を利用。砥鹿神社があり,朱印高100石。寺院は禅宗常昌院・東岸寺がある。明治期の主な農産物は米・大麦・小麦・甘藷・木綿などに移った。明治6年一ノ宮学校が設置。同16年本宮山入会地に対する税金納入方法をめぐり,足山田村・西原村とともに,本宮山地付村である長山村と争った。同21年巡査駐在所設置。同22年桑富村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354530
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ