ケータイ辞書JLogosロゴ 市原村(近世)


愛知県>武豊町

江戸期〜明治11年の村名尾張国知多郡のうち知多半島の中央丘陵部に位置する地名の由来は,「地名考」に櫟の原なるべしとあり,また「張州雑志」に市原は大高・市場・富貴などとともに,富貴城下の1つの村であり市場とともに城下で市のあった所かと伝えている尾張藩領鳴海代官所支配村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに204石余,「旧高旧領」283石余「寛文覚書」によれば,概高212石余,ほかに新田の概高1石余,また概後の新田38石余があり,合計252石余・反別22町余(田15町余・畑6町余),家数45・人数194,牛馬18,松山230町余「徇行記」によれば,全村蔵入地,戸数82・人数359,馬16,「此村ハ山間ノ所故ニ農業ノ外余業ハナシ」と記され,新田を開くほかは小作か黒鍬稼ぎに収入源を求めていたようである天保12年の村絵図をみると,本郷は高城川を隔てて東の里・西の里に分かれ,枝郷の市原新田は海辺に近い富貴村内にある(武豊町誌資料編1)寺院は曹洞宗岡川寺神社は,本郷に県宮・白山・山ノ神・大神宮・秋葉社,市原新田に秋葉社がある明治11年三芳村の一部となる現在の武豊町冨貴の一部にあたる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354545
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ