ケータイ辞書JLogosロゴ 一色村(近世)


愛知県>一色町

 江戸期〜明治22年の村名。幡豆郡のうち。西尾藩領。村高は,「寛永高附」418石余,「元禄郷帳」441石余,「天保郷帳」733石余,「旧高旧領」739石余。安永5年の西尾藩郷村雑書には村高423石弱,「古来より諸役免除,岩蟹献上,朝鮮人来帰朝渡船差出」とある。嘉永4年〜明治2年の納米表では村高714石,19年間のうち13年間の納米は年に317〜319石で免44%。寛永9年に亥新田,寛文6年に藤江新田が開発された。藤江新田からは地元として当村がその2割をもらい,小字東二割として藤江村に入り込んでいる。天和3年の土地争論絵図では諏訪神社の南は海で,貞享・元禄年間に急速に開発されて通称間浜の地ができた。南端の塩浜新田も元禄初年の開発。ほかに開発年代不明の新田がいくつも増えている。江戸中期には漁港が上市場・中市場・下市場にできた。漁業が栄えるとともに人が増え,村内は上・中・大宝・宮前・諏訪・間浜の6組となり,各2張の大提灯を諏訪神社につり下げる大祭が行われる。寛政元年の年貢目録には船運上銀納・鳥網運上金納の雑税があるが,鳥網は海上や丘で鳥を獲った税で,明和年間〜天明年間に盛んに行われ,東向寺に鳥網漁船水難者供養塔がある。文政6年の家数440・人数1,829。安休寺23世晃耀は著書も多く,真宗大谷派講師となり,明治4年の大浜騒動の処分の時には取締役に命じられた。同5年育英学校設立,同9年一色学校と改称。同11年一色郵便局開局。同12年一色巡査屯所が西尾警察署一色分署となった。同22年高潮で南部の間浜地区が浸水し,全壊50余戸,死者14名,堤防決壊5か所。同年一色村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354563
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ