ケータイ辞書JLogosロゴ 一色村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治22年の村名。三河国額田【ぬかた】郡のうち。はじめ岡崎藩領,宝暦12年幕府領,明和7年からは岡崎藩領。岡崎藩では額田手永に属した。慶長9年検地高は79石余,慶安年間の年貢割付状では108石余。村高は,「寛永高附」104石,「元禄郷帳」79石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに108石余。小物成は寛文年間まで茶年貢,藪年貢,山年貢があったが,のち山年貢のみとなった。年貢率は正保2年までは7割5分と高率であったが,慶安年間から5割4分になる。元禄11年から定免となり,141俵納めとなった。享和2年の人数111,明治7年の戸数30・人口121(額田郡誌)。字下川に神明宮,字入洞には真宗大谷派の明円寺がある。明治6年保久移風学校より独立して一色学校開設,同8年外山学校へ移る。同22年額田郡下山村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354569
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ