ケータイ辞書JLogosロゴ 犬山町(近代)


愛知県>犬山市

 明治22年〜昭和29年の丹羽郡の自治体名。稲置村が改称し,市制町村制施行により成立。大字は編成せず。明治24年の戸数1,721,男3,240・女3,264,学校2。同39年岩橋村,高雄村木津【こつつ】・上野を合併,合併各村の4大字を加え,大字なしの地域(犬山)と4大字の編成となる。明治24年頃から銀行や工場・会社が建設され,高等女学校なども開設した。大正元年名古屋〜犬山間,同14年今渡〜犬山間に鉄道が開通。昭和23年犬山〜一宮間をバスも開通。昭和10年犬山城が国宝に指定された。同29年犬山市の一部となり,町制時の犬山(大字なしの地域)と4大字は同市の大字に継承。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354650
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ