ケータイ辞書JLogosロゴ 犬山市(近代)


愛知県>犬山市

 昭和29年〜現在の自治体名。城東村・羽黒村・池野村・楽田村・犬山町が合併して成立。合併各町村の大字を継承した13大字と大字なしの地域(池野・楽田・犬山)からなる。昭和30年の世帯数7,073・人口3万5,910。同39年木曽川流域が飛騨木曽川国定公園に指定された。同40年博物館明治村開設。昭和40年頃から住宅団地建設が急増,小学校・中学校・高校など教育施設が新設され,特に同55年犬山駅東団地造成に伴い,公共施設と民間住宅化で犬山駅を中心に交通・経済などが急激に変化した。昭和43年頃から同62年の間に,区画整理などが行われ14町が起立。この間,昭和53年大口町,同58年小牧市と境界変更が行われ現在に至る。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354651
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ