ケータイ辞書JLogosロゴ 今(近代)


愛知県>蟹江町

 明治22年〜現在の蟹江町の大字名。明治28年関西鉄道関西線が開通し,蟹江駅設置。蟹江町の交通の基点となり,小規模工場や,商家が軒を連ねるなど,駅前地区として栄えた。農業生産も米・麦・菜種・養鶏のほか蟹江川両岸の築堤斜面・畑を利用したイチジク栽培に成功。近郷・名古屋への直接販売のほか,関西線により,関西方面へも出荷された。ウナギ・ハマグリも関西線で京都へ運ばれた。昭和55年の世帯数726・人口2,539。一部が,昭和54年平安・錦,同55年須成西・今西上,同57年本町・今(町名)となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354707
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ