ケータイ辞書JLogosロゴ 今村(近世)


愛知県>瀬戸市

 江戸期〜明治22年の村名。春日井郡のうち。尾張藩領。水野代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに512石余,「旧高旧領」683石余。「寛文覚書」によれば,概高589石余,反別は,田34町余・畑7町余,概高6斗余の新田,寛文2年縄入の新田高35石余,見取新田1町余,山方52町余,指杁4腹,井瀬木4か所,雨池3か所,家数30・人数258,馬27。「徇行記」によれば,給知は78石余で小沢左兵衛ら給人2,蔵入地510石余うち享和3年の引高83石余・6口年数引147石余,残高280石余,家数133・人数654,馬30,農間には赤津・瀬戸の陶器や三河小原村の炭の駄賃稼ぎをした。天保12年の村絵図では瀬戸川両岸に広い砂入地を記し,小沢彦四郎・藤沢権左衛門両家臣知行地が御蔵入地の間に分散所在している。左岸は大井用水・中井用水が瀬戸川から引水され,川北の田は総ケ洞・鴨ケ洞・庄司ケ池など11か所の雨池から引水されている。神社は八王子社・三狐子社,八王子社近くには松原下総守広長城跡がある。寺院は曹洞宗慶昌院,ほかに薬師堂。明治13年東春日井郡に所属。同22年八白村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354710
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ