ケータイ辞書JLogosロゴ 今市場村(近世)


愛知県>江南市

 江戸期〜明治22年の村名。丹羽郡のうち。尾張藩領。小牧代官所支配。全村蔵入地。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに149石余,「旧高旧領」171石余。「寛文覚書」によれば,本田は概高154石余,反別は田1町余・畑方16町余,ほかに新田が概高7石余・田反別7反余,見取新田が畑1町余,野方が1町余,家数26・人数149,馬数8,大通行時の善師野宿への人馬役を負担,道のりは善師野へ3里半。「徇行記」によれば家数44・人数206,馬4。犬山街道沿いの村で,畑作が盛んであった。慶長年間に伊勢朝熊社を勧請した大明神のほか,天王・洲原社があったが(寛文覚書),明治期に合祀されて朝熊社のみとなった。明治期には,養蚕を副業とする。明治22年秋津村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354720
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ