ケータイ辞書JLogosロゴ 今岡村(近世)


愛知県>刈谷市

 江戸期〜明治11年の村名。碧海郡のうち。刈谷藩領。村高は,「寛永高附」146石余,「元禄郷帳」198石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに294石余。反別110町のうち田が大部分を占める。東海道の街村として発展し,「旅行案内記」には「今岡 下り立ば也。よき茶やなし。やろふ坂。名酒屋二軒あり。今岡の内也。此間,家つづき」とある。吹戸上池・吹戸中池・吹戸下池がある。神明社は天正17年の創立。真宗乗願寺・曹洞宗洞隣寺はいずれも東海道沿いにあり,洞隣寺には「めったいくやしい」の伝説の墓がある。明治8年の人力車夫40(諸届書綴)。同11年逢見村の一部となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354726
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ