ケータイ辞書JLogosロゴ 魚屋町(近世)


愛知県>犬山市

江戸期の町名犬山城下町方12か町の1町城下町の東西に通ずる重要な道路沿いに位置する西は横町,東は築地で余坂木戸(善師野口木戸)があり,南は寺内町,北は新道この付近は城下町の中でも有数の商人街で,魚屋商人が多く集まっていた犬山城下では,南北の本町通りと東西の魚屋町・余坂筋が商業の中心街で,特に東西筋は善師野宿方面の客でにぎわった地子免許の代わりに日役8人分と木戸掃除役を勤めたなお当町南に接して枝町があり,古くは熊野町,寛永年間からは当町に属し,明治維新後に分離した犬山祭への山車は,枝町も1両出し,計13両であったまた枝町には日蓮宗妙海寺・本光寺などがあるまた余坂木戸際から寺内町木戸際までは,もと矢場であった(犬山里語記)北側東寄りに新道への入口がある中程に津田氏の大門口と呼ぶ所があり,成瀬氏重臣津田与左衛門の屋敷があったというここから木曽川の二符の渡し(現臨江館付近)へ通じる道もあったが,江戸期に入って廃止された
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7354867
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ