ケータイ辞書JLogosロゴ 海老海道村(近世)


愛知県>尾西市

江戸期の村名尾張国中島郡のうち木曽川左岸に位置する尾張藩領村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに38石余,宝暦3年の起宿伝馬役勤方につき諸事書上げによれば,起5か村本田新田の石高役銀の有無覚のなかに,高38石余で,この高について堤銀伝馬銀を出しているが,村方では惣高より勤めるとある(尾西市史資料編1)享和3年の「仮名附帳」に「海老海道村与申村先年有之候処,川欠亡所ニ相成,今ハ無御座候」とあり,当村は木曽川の流路の変更によって亡所になった
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355099
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ