ケータイ辞書JLogosロゴ 江森村(近世)


愛知県>江南市

 江戸期〜明治22年の村名。丹羽郡のうち。尾張藩領。小牧代官所支配。全村蔵入地。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに151石余,「旧高旧領」190石余。「寛文覚書」によれば,本田は概高156石余,反別は畑19町余,ほかに新田4反余・見取新田5町余があり,家数29・人数154,馬6。村の広さは東西5町余・南北7町余。熊野権現社・八王子天王社・住吉明神社の3社があり,除地の合計2反余。また薬師堂もあった。「徇行記」によれば,当村は砂地のため茶や桑を専ら栽培し,また養蚕を行って繭を売り出していた。将軍上洛や朝鮮通信使の往来に際しては名古屋へ,大通行の際には善師野宿へ人馬を出した。また上野村の橋が破損した時などの人足も負担。道のりは,名古屋へ5里,善師野へ2里半。明治22年旭村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355115
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ