ケータイ辞書JLogosロゴ 大河村(近世)


愛知県>額田町

江戸期〜明治9年の村名三河国額田【ぬかた】郡のうち大川とも書く乙川支流大高味川流域「三河国二葉松」に「大河村古城,熊谷武蔵守家臣,竹内九藤平」とあり,大河城址が残るまた麻生蔵之助と同族の大川麻生氏の古墓群も残るはじめ岡崎藩領,宝暦12年幕府領,明和7年からは岡崎藩領岡崎藩では東山中手永に属す村高は,慶長9年検地高61石余,「寛永高附」86石余「元禄郷帳」61石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに65石余慶長9年検地では田4町余,畑・屋敷1町余,名請人6文化14年東山中明細記には,高65石余のうち6石余が諸引となり,46俵余の年貢を上納,御林1町余・居林4町余,歩藪10,伐分竹2束の上納があり,家数18・人数89明治7年の戸数15・人口64(額田郡誌)神明宮・地神・荒神・観音堂がある同9年大高味村の一部となる現在の額田町大高味大川の地
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355184
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ