ケータイ辞書JLogosロゴ 大塚村(近世)


愛知県>蒲郡市

 江戸期〜明治22年の村名。宝飯郡のうち。慶長6年幕府領,寛永9年吉田藩領,安永3年遠江相良藩領,天明7年幕府領,享和3年からは吉田藩領。村高は,慶長9年検地帳625石余,寛永12年検地帳794石余,「元禄郷帳」718石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに883石余。「寛永高附」には当村の村高が記載されておらず,丹野村625石余のうちに含まれていたものと考えられる。長興寺は慶安元年に朱印5石を拝領。寛永12年検地帳では,反別66町余,屋敷持97人,屋敷数は147軒。新切検地は慶安3年〜元禄9年までに14回あり,12町余・112石余が高入されている(新切検地帳)。すでに寛永12年の検地帳にも庄屋が2人あり,古くから東西2組に分けて行政単位としており,天明7年には東組128戸・533人,西組108戸・421人。慶応2年の戸数236・人数1,263。海岸付の村で屋敷林として椿を植えており,小物成で椿年貢として椿実542升を課せられた。塩浜は寛永年間以前から揚浜式で存在し,正保2年には塩浜は3町となり,延宝9年中浜2町余・下浜6反余の3町余,享保元年では4町となった(塩浜畝歩本帳)。天明8年の村明細帳によれば農間稼は男女とも塩浜稼を主とし,寛政2年の村明細帳ではさらに女は塩焼の手伝が加わり,木綿稼よりも塩焼は大切な仕事と記している。享保〜寛延年間の塩年貢は納塩42石余,享保元年193軒のうち80%が塩田を所有。天保11年では236軒のうち塩田所有は207軒(名寄帳)。相良藩領時代に塩浜は6町余と増加し,納塩高も50石,文化4年には68石となった。天明7年には漁船はわずか3隻のみであった。曹洞宗長興寺・浄土宗光明寺・曹洞宗松濤軒の3か寺があり,鎮守は東組が神明社,西組が素盞嗚社。明治8年の塩田は9町余。同12年の農業以外で塩田稼を除き営業税を納入している職業軒数は,質屋・下宿屋・古着屋・茶商・飯屋・材木商が各1,洗湯・大工が各2,うどん屋・木挽が各4,菓子屋と海面漁業が各9(諸職営業税金取立帳)。同22年大塚村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355308
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ