ケータイ辞書JLogosロゴ 大津町(近世)


愛知県>清洲町

江戸期の町名江戸初期清須城下の1町「尾張志」によれば,松原の縄手を隔て大殿町の西北にあるとする清須城の北西に位置する地名は,城州大津宿次郎右衛門が清須に引越し,大津次郎右衛門と名乗ったその苗字からきたという(蓬左遷府記稿)「駒井日記」によれば,文禄3年の清須町奉行家改帳の池田丹後入道請取の町として,家数57慶長15年頃始まった清須越により名古屋城下の大津町となる
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355319
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ