ケータイ辞書JLogosロゴ 大野瀬村(近世)


愛知県>稲武町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ三河国加茂郡,江戸前期からは設楽【したら】郡のうち。はじめ幕府領,宝永5年相模小田原藩領,享保元年幕府領,天明2年上総大多喜藩領,同5年旗本諏訪内膳正知行,明治2年からは重原藩領。村高は,天正18年の検地で51石余,「寛永高附」も51石余,その後の検地で寛永18年に56石余,寛文5年に2石余,元禄元年に1石余を加え,合計112石余となり,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに113石余。文政3年の家数90・人数459。根羽川などが流れるが,地形が悪く用水として利用することができなかった。しかし安永4年に大竹用水,文化11年に上郷用水,文政元年に梨野用水が引かれ,現在も利用されている。曹洞宗大安寺があり,神社は,明治39年に梨野の大野瀬神社(元は神明神社)として合祀される以前は,柏洞の柏洞神社,平の社島神社,上郷の城山社,大桑の大桑神社,河上瀬の河上瀬神社があった。周辺の村々との境界は,奥深い山野であるために明治期に入ってから定まった所があり,明治7年に根羽村および月瀬村との境界問題が解決し,また同9年に根羽村と接する池ノ平山の県界が定まった。同年大野瀬学校が開校,この頃,小木曽一家という人物は,稲橋村の古橋源六郎暉皃の影響を受けて茶や葉煙草の栽培に力を入れ,功績をあげた。同11年北設楽郡に所属。同22年稲橋村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355377
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ