ケータイ辞書JLogosロゴ 大林村(近世)


愛知県>額田町

 江戸期〜明治11年の村名。額田郡のうち。はじめ幕府領,寛永9年刈谷藩領,慶安2年幕府領,同4年からは旗本石川氏知行(保久陣屋)。村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに150石余。御領分明細高附によると,寛永年間以前の反別は,田109石余・畑28石余であったが,寛永13年刈谷藩の検地で田12石余・畑1石弱が検出された。天保3年田の本免5割4分,平均免4割1分,畑3割3分,54石余を定俵納め,中切ノ上と下樫山に御林がある。文政3年の家数22・人数86。明治7年の戸数22・人口102(額田郡誌)。慈雲寺(現大空寺)には二重栗内記の墓があり,その裏山が大林城址。浄土宗大泉寺(古くは真言宗)は,元禄2年八幡宮創立の時阿弥陀仏を奉納し,薬師如来仏を寺の本尊としたという(郷土誌料)。明治11年鍛埜【かじの】村の一部となる。現在の額田町鍛埜大林の地。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355406
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ