ケータイ辞書JLogosロゴ 大牧村(近世)


愛知県>祖父江町

 江戸期〜明治22年の村名。尾張国中島郡のうち。尾張藩領。鵜多須代官所支配。村高は,「寛文郷帳」「天保郷帳」ともに267石,「旧高旧領」579石余。天保12年の村絵図によれば,本田の概高449石余,ほか慶安元年・天保4年・同5年開発の新田があり,一円蔵入地,家数56・人数250,修験1,馬3。綿作が畑の半分を占めた。なお,南隣の東川村に飛地があったが,無住であった。「寛文覚書」によれば,小物成に鳩の餌として籾米1斗とある。牧川井筋・森上井筋の両井組に所属。寺社は,鎮守八幡社・真宗大谷派了覚寺。明治22年領内村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355426
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ