ケータイ辞書JLogosロゴ 小垣江村(近世)


愛知県>刈谷市

 江戸期〜明治22年の村名。碧海郡のうち。はじめ刈谷藩領,寛政4年刈谷藩と陸奥福島藩の相給,明治2年からは重原藩領。村高は,「寛永高附」「元禄郷帳」ともに1,070石,「天保郷帳」1,741石余,「旧高旧領」1,256石余。寛政4年の村高1,741石余,新田は677石余,のち新田の一部を高須村・犬ケ坪村に分村している。文久2年の家数409・人数1,858。猿渡川を渡る橋は幕府の巡見使を迎える地点にあるので巡見橋という。延享3年池鯉鮒【ちりゆう】宿の助郷村となる。洪積台地の縁に沿って観音寺・超円寺・神明社・金毘羅社があり,近世までここが海岸線で半崎の地名がある。半崎に土場と常夜灯があり,伊勢参宮の舟も毎年ここから出た。神明社の祭礼は相給後も一体として行ったが,天保14年神事を分けたことから一時混乱し,両藩の介入によって先規の通りの決着をみた。天保14年佐之蔵が瓦業を始め,幕末の頃瓦師が甲斐・信濃方面に出向いている(諸事控留帳)。曹洞宗竜江寺には貸腕伝説がある。明治9年の戸数592・人口2,322。出郷に万治元年に開拓された犬ケ坪があり,幕末頃に分村したが,同11年再び当村に合併した。同13年竣工した明治用水の西井筋が村内を通り,開拓が進んだ。同22年市制町村制施行による小垣江村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355474
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ