ケータイ辞書JLogosロゴ 小垣江(近代)


愛知県>刈谷市

 明治39年〜昭和45年の大字名。はじめ依佐美村,昭和30年からは刈谷市の大字。大正3年三河鉄道が刈谷新〜大浜港間に開通し,小垣江駅が設置されて物資の積出しが便利になる。昭和31年の世帯数886・人口4,605,うち農家626,事業所24のうち瓦業10。刈谷の工場への通勤者が増加。同44年浜田排水機場が完成し,65haが受益。同45年小垣江町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355476
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ