ケータイ辞書JLogosロゴ 起村(近世)


愛知県>尾西市

 江戸期〜明治22年の村名。中島郡のうち。絹(衣)屋起村とも称した。慶長5年関ケ原の戦で徳川家康方の福島正則の軍が萩原渡,尾越(小越)渡を経て竹鼻城を落とし岐阜城を攻めたが,この際福島軍の木曽川渡河に功のあった加藤家が本陣職を命じられたという(尾西市史資料編1)。同年美濃路7か宿の1宿起宿となる。尾張藩領。鵜多須代官所支配。村高は,「寛文郷帳」では衣屋起村として273石余,「天保郷帳」288石余,「旧高旧領」338石余。「寛文覚書」によれば,絹屋起村と見え,本田の概高219石余,また概高12石余の古川新田,慶安元年縄入の新田17石余,同2年縄入の新田4石余があり,本田の田3町余・畑20町余,家数102・人数578,馬20。元禄6年の起宿明細書上げによれば,家数147(うち伝馬役50・人足役50・問屋1・年寄1・馬指2・人馬帳付1・船人頭2・船渡舟頭20・鵜飼船舟頭20)・人数731,馬50(うち有り馬40・当分不足馬10)・人足役50(同前)。天保12年の村絵図によれば,一円蔵入地,概高322石余。同15年の起宿大概帳によれば,宿高1,457石余(うち加宿は冨田村338石余・西五城村286石余・東五城村233石余・小信中島村325石余),本陣加藤右衛門七・脇本陣林浅右衛門,旅籠22(大3・中14・小5),人馬継問屋2か所(同前)。当村は小村のため1か村で宿役を負担できず,元和2年に冨田村・西五城村を加宿とし,さらに寛永6年に小信中島村・東五城村を加え,これらを起5か村と呼んだ。起宿は,美濃路のうちでも最も旅籠屋が多く,本陣や脇本陣も大きかった。これは起宿から大垣宿までの間に木曽川・長良川・揖斐川と3つの渡しがあり,川留になると滞留客が増大することなどによる。起の渡しは藩の舟手奉行の管轄下にあり,脇本陣の林家が舟庄屋として渡場の管理をした。名古屋へ陸路6里・舟路11里,美濃墨俣へ2里,同大垣へ4里,同加納へ3里,同高須へ4里,伊勢桑名へ7里,江戸へ94里31町。農間余業には往還の人足稼,舟人稼などのほか,桟留縞の織物も行っていた。神社は正一位大明神(現大明神社)。寺院は真宗大谷派徳行寺・中之坊(現本誓寺)。明治6年起義校設立,同7年履道学校と改称し旧本陣を使用。同8年の戸数342・人口1,294。同22年市制町村制施行による起村となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355577
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ