ケータイ辞書JLogosロゴ 尾崎新田(近世)


愛知県>吉良町

江戸期〜明治11年の新田名三河国幡豆【はず】郡のうち矢作古【やはぎふる】川下流左岸部に位置する江戸中期まで鎧ケ淵に続く湿地帯であったが,貞享3年上流に吉良上野介が黄金堤を築いて以来,洪水の害も皆無となり開墾可能となった開墾年代は不明であるが,花蔵寺村尾崎八郎右衛門が瀬戸村の住人であった当時開墾したことから,尾崎新田と称された尾崎八郎右衛門は,旗本松平対馬守の幡豆陣屋代官を勤めた八郎左衛門の先祖である旗本津田氏と諏訪氏の相給村高は,「旧高旧領」8石余(津田氏知行分5石余・諏訪氏知行分2石余)明治11年岡山村に合併
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355589
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ