ケータイ辞書JLogosロゴ 押山村(近世)


愛知県>稲武町

 江戸期〜明治22年の村名。はじめ三河国加茂郡,江戸前期からは設楽【したら】郡のうち。はじめ幕府領,宝永5年相模小田原藩領,享保元年幕府領,同11年岡崎藩領,宝暦13年幕府領,天明2年上総大多喜藩領,同5年幕府領,明治2年からは重原藩領。村高は,天正18年の検地で66石余,「寛永高附」でも66石余,その後の検地で,寛永18年に19石余,寛文5年に2石余,元禄元年に1石余を加え,合計89石余,「元禄郷帳」「天保郷帳」「旧高旧領」ともに89石余。享保20年の家数41・人数245,明治元年の家数43・人数226。明和6年に武節郷より京都御所の御用材の檜が供出されたという記録があり,全276本のうち101本が当村より伐り出されている。安政2年には「卯年の荒れ」と呼ばれる大水害があり,田畑の流失や家屋の倒壊のみならず,数名の死者を出した。明暦2年創建の玉翁院は明治6年に廃寺。神社は上大野の神明神社や西峰山の熱田神社など数社あったが,明治45年に滝沢の熊野神社に合祀された。明治9年押山学校が開校,同20年川手学校と合併し押川小学校となった。明治初期に山田庄吉は大野瀬村の小木曽一家らとともに輸出産品である煙草の改良に功績をあげている。明治11年北設楽郡に所属。同22年稲橋村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355611
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ