ケータイ辞書JLogosロゴ 押山(近代)


愛知県>稲武町

 明治22年〜現在の大字名。はじめ稲橋村,昭和15年からは稲武【いなぶ】町の大字。大正5年,矢作川の水を利用した製材所を日向に開設。同11年大野瀬のダムの水で稼動する押山発電所が竣工。農業が中心で,昭和38年頃には養豚や果樹栽培が試みられた。昭和50年峰山に通じる農道開通。同52〜58年には川手地区とともに農村基盤総合整備事業が実施され,圃場整備工事などにより新しい農地に生まれ変わっている。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355612
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ