ケータイ辞書JLogosロゴ 鹿島村(近世)


愛知県>蒲郡市

 江戸期〜明治22年の村名。三河国宝飯【ほい】郡のうち。慶長6年旗本松平家信(形原松平氏)知行,元和4年同氏が大名となり形原藩領,同5年旗本松平庄右衛門清直知行(形原陣屋),延宝元年幕府領,同8年旗本松平内匠頭乗親知行(形原陣屋),正徳2年幕府領,享保3年からは旗本富松重基知行(竹谷陣屋)。村高は,慶長6年に239石余,「寛永高附」239石余,「元禄郷帳」328石余,「天保郷帳」「旧高旧領」ともに329石余。元和6年鹿島明神は領主松平氏より2石の除地を拝領した。村高は329石であるが,この中には塩浜役15石が本高入しており,耕地高は314石余で,文化12年の免状では田231石余,起返10石余,畑51石余,屋敷10石余,新田畑10石余の内訳である。寛永4年には字長田に揚浜式塩田が存在して塩納をしていたが,幕府領の時には浜役として銭6貫文を上納した。宝永4年の大地震で6石の塩浜潰地が生じている(免状)。天保8年の記録では61軒のうち38軒が塩田と関係しており,男女とも農間稼は塩浜とある。揚浜式から入浜式塩田への転換期は天明年間頃とされている(書上)。塩田の関係で人口は村高に対してやや多く,文化5年では68軒・395人(書上帳)。鹿島明神・稲荷明神・曹洞宗源光寺・浄土宗浄雲院がある。明治6年の旧反別と同10年の改正反別を比べると,田は17町余から20町余,畑は6町余から11町余,宅地は1町余から3町余,塩浜は4町余から6町余,山林原野は5畝余から8町余に増え,同10年の家数99・人口512(地価仕出帳・地籍帳)。塩田は長田に22筆・2町余,浜田に6筆・9反余,鬼越に23筆・3町弱となっている(地引帳)。同22年塩津村の大字となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355860
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ