ケータイ辞書JLogosロゴ 鹿島(近代)


愛知県>蒲郡市

 明治22年〜昭和29年の塩津村の大字名。明治30年の戸数100,地租総額431円余。農業用灌漑溜池が岡池・堂ノ下池・八子池の3か所あった。明治末期まで字長田・浜田・鬼越・浅井新田に塩田が存在。明治24年幡豆【はず】郡西之町の浅井真一が字東山地先より字長田地先までの海面15町歩を塩田として開発。開発資本は浅井と共同出資者として渥美【あつみ】郡杉山村の花井六郎兵衛より出され,鬼越・浜田・長田の塩田の前面が開発された。明治35年頃地先の亀岩島海水浴場は1,000人余の利用(蒲郡市誌)。大正12年に地先海面で藻貝(チンミ貝)の養殖を開始し,同15年には出荷が軌道に乗るまでに発展。昭和5年の塩田整理によって廃塩田の耕地化が実施され,前浜地区3町余では小麦・雑穀などを栽培。昭和11年に三河鉄道三河鳥羽〜三河鹿島間,翌12年には三河鹿島〜蒲郡【がまごおり】間が開通し,鹿島駅が開業。昭和29年蒲郡市鹿島町となる。
解説文を自分にメール
メアド:Milana@docomo.ne.jp

(C)角川日本地名大辞典「旧地名」
JLogosID:7355861
最終更新日:2009-03-01




ケータイ辞書 JLogosトップ